当社の大鳥居は昭和10年に県社に昇格した事を記念し建立され現在まで、戦前の街並みから戦後の復興、宮城県沖地震や東日本大震災など、この地で悲喜交々多くの歴史を刻んで参りました。
 鹿島御児神社は約1100年前より石巻日和山に鎮座し、旧来よりこの大鳥居は石巻のシンボルとして如何なる時も皆様を見守り温かく包み込んで参りました。しかしながら、度重なる地震や経年劣化により倒壊の恐れがある事から止む無く解体せざるを得ない状況になり、令和3年5月22日に地元の企業様ご協力の元、解体が完了致しました。
 連綿と紡がれた歴史と同時に当社が隆昌の一途を辿ります事は代々より受け継がれてきた篤志の賜物であり、ご同慶の至りでございます。この敬神崇祖の念を絶やす事無く再び皆様と共に大鳥居目下より日の出を浴びる事の出来るよう一日も早い復興を決意する次第でございます。
 現下経済事情の芳しくない時期、誠に恐縮ではありますが皆様に於かれましてはこの窮状をご覧察頂き、再建に向け特段のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 令和3年6月吉日

鹿島御児神社 宮司 窪木兼忠


事業予算

1,500万円

奉賛概要

金額に応じて記念品、芳名板(木製)または芳名碑(石碑)にご芳名を刻字させていただきます。
詳細は神社にお問い合わせ下さい。

募集期間

令和3年6月から令和3年10月まで

工事期間

令和3年6月から令和3年11月まで

募財方法

一、鹿島御児神社へ持参
一、指定口座へお振込

お振込の場合は、下記の口座にお振込頂いた後に神社までお電話にてお名前・ご連絡先・寄付金額などをお知らせください。

指定金融機関

@ゆうちょ銀行
 02290−7−141714
 鹿島御児神社 御造営奉賛会

A石巻信用金庫 本店営業部
 支店コード 001
 口座番号 6171900
 鹿島御児神社 代表役員 窪木兼忠