毎日のおまつりの作法
家庭のまつりは、毎日欠かさず行います。毎朝、食事の前に洗面 し口をすすいだ後に、まず神饌を整えます。毎日お供えするものは、お米、お塩、お水の3品です。榊立の水を取り替え、燈明がある場合にはこれをともし、神棚と御霊舎にそれぞれ神饌をお供えして、先に神棚まつりを、次に祖先まつりを行います。お正月や毎月一日、家族の記念日などには、お米、お塩、お水、お酒のほかに魚や野菜、果 物をお供えしましょう。私たちが特別の日に、御馳走でお祝いをするのと同様、こうした日には特別 におまつりします。手狭な場所に神棚と御霊舎を並べておまつりしている場合は、神饌は1つでも構いません。神饌はおまつりの後に、おさがりとして家族みんなでいただきます。